4FRestaurant Cafe

BLUEDOOR COFFEEブルードアコーヒー

FH000007 FH000013

横浜のはずれ、里山の風景が広がる「寺家ふるさと村」の入り口にぽつんとある自家焙煎の珈琲屋さん。

店に外にあるベンチに座りながら深入り珈琲を飲めば、あなたの中にある懐かしい心象風景にタイムスリップ。

日本の四季を五感で楽しみながら、ゆったりとした時間が流れるテーマパーク。

遠くまで旅をしなくても、遠く、遠く・・・。

FH000007 FH000013

Kama Kitchenカマキッチン

FH000007 FH000009

青葉台駅から歩いてR246の高架下、お昼の時間帯だけオープンしている小さな洋食屋さん。

あえて失礼な言い方をすれば「普通の中のおいしさ」が味わえる貴重なお店です。

「Theランチ」なラインナップを提供するのは「The日本のお母さん」な雰囲気を醸し出す店主。

食材も雰囲気も安心、安全です。

FH000007 FH000009

PADDLE&BREWパドルアンドブリュ

FH000021 FH000032

こどもの国の住宅地、小さな珈琲ラボがあったとさ・・・。

「この場所で何故?」って声が聞こえてくるような、チョンチョンに尖った珈琲を提供してくれる稀有な存在。

ゆっくり、そして豊かな育ちが感じられるナイスな店主が相棒ニコラス(フランス人)とタッグを組んで「珈琲、大好き!」を全開に、探求し続ける珈琲の旅。

究極にフレンドリィでエキサイティングな2人と、珈琲の旅をご一緒してみてはいかがでしょうか?

FH000021 FH000032

橙灯だいだい

FH010003 FH010007

青葉台駅から歩いて数分、絶対わからない場所に喫茶「橙灯」はあります。

常連さん曰く「青葉台駅周辺でもっとも夕焼けがきれいな場所」、それが喫茶「橙灯」。

座席7席の小さな空間、すべてを肯定して包まれるような安心感は、店主の気持ちの表れでしょうか?

滋味あふれる食材への愛情、尋常ではありません。

素朴で温かく、ちょっと量が多めなお菓子や飲み物、その時々、その季節ごとの「しあわせ」を味わってみてはいかがでしょう。

FH010003 FH010007